子供の下腹部痛

便秘・下痢

ここでは子供の下腹部の痛みの原因で最も多い、便秘や下痢について詳しく説明していきます。

子供は体が成長途中なこともあって、大人に比べると抵抗力も弱く体調を崩しやすいものです。子供によってはお腹が痛くてもなかなか親に告げずに我慢している子もいるでしょう。親は子供の体調を表情や仕草などをしっかり観察し、異変を察知してあげる必要もあります。異変に気付いたらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

sponsored link




さて、子供の下腹部痛で最も多い原因が、便秘や下痢などの便通異常によるものです。以下に便秘と下痢に分けて説明していきます。

【子供の便秘】

便秘とは「便の回数が減って便が硬くなった状態」です。便秘は女性に多いのですが、実は最近は子供にも多く見られるようになってきました。子供の便秘の特徴と原因を以下に並べていきます。
・乳児期の赤ちゃん
母乳や粉ミルクから離乳食や固形食へ移り変わる時期では、便を出す時のいきみ、いわゆる「ふんばる力」が弱い為に便秘になりやすいです。
・幼児期の子供
好き嫌いによる食事の偏りや水分量の摂取不足などが主な原因となってきます。また排便を失敗して怒られることが一種のトラウマとなって、我慢しすぎてしまうこともあります。
・学童期の子供
幼児期の原因に加え、授業中などで排便をついつい我慢してしまいがちになります。多感な時期で知らないうちにストレスを溜めこむ子供も多く、ストレスから自律神経が乱れて便秘になることもあります。また、便から発生するガスが腸内に溜まっていることが原因となることもあります。

子供の便秘を解消するには、生活環境の改善が必須です。食生活を見直して栄養バランスを整えてあげることや、運動不足や睡眠不足を解消することなどが重要です。現在進行形で下腹部痛があるときには、下記の対処法が効果的です。
@綿棒刺激・・・綿棒をお尻の穴に直接入れて肛門を刺激することで、排便を促す方法です。ガスが溜まっている時でもそのままおならとして出るので、非常に効果的な方法です。
Aお腹マッサージ・・・下腹部をやさしくマッサージしてあげることで、排便を促す方法です。
B浣腸・・・グリセリン液を用いた市販の浣腸剤を使用します。固まった便を液剤の作用で柔らかくし、排便を楽にすることが出来ます。

sponsored link




【子供の下痢】

下痢とは「便が固形物ではなく液状になった状態」です。正常な腸内では便の水分を適度に吸収していますが、これが上手くいかないと十分に水分を吸収できず泥状や液状の便が出てしまいます。
お腹を下した下痢の時に下腹部痛も同時にある場合は、病気による可能性が高まります。また原因によっては以下のように便の状態に特徴が見られます。
・便の色はいつも通りで泥状または液状
消化不良や食あたり水あたり、冷えやストレスなどによる下痢です。お腹が弱い子はよく起こします。続くような場合には下痢止め薬を服用しましょう。
・便が緑っぽい
緑の濃い食事を摂ったなど心当たりがない場合は、胆汁色素「ビリルビン」によるものです。一過性のものであれば問題ありません。
・便が黒っぽい
胃や十二指腸など上部消化管での出血していると黒っぽいタール便になります。胃炎や胃十二指腸潰瘍、胃がんなどの可能性があるので注意が必要です。
・便が白っぽい
アイスクリームの食べ過ぎなど乳製品に心当たりがない場合は、ロタウイルスの症状の可能性があります。
・熱があり嘔吐も伴う
急性胃腸炎の可能性があります。ウイルス性と細菌性のものがあります。
・便に血が混じっている
便に血が混じっている場合は、大腸炎や痔などが考えられます。また、赤痢やO-157など重篤な食中毒の可能性もあります。

また、下痢の場合は続くと脱水症を引き起こしてしまうことがあります。特に夏の暑い時期はただでさえ汗で水分が失われる状況なので、下痢が続くと体内の水分はかなり失われてしまいます。こまめな水分補給を忘れずしっかりと対策するようにしましょう。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 急性胃腸炎

⇒ 腸重積

⇒ 食中毒

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 原因と病気について

⇒ 痛み方と症状による分類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。