下腹部全体の痛み

膀胱炎

ここでは下腹部全体に痛みがある場合に考えられる病気、膀胱炎について詳しく説明していきます。

膀胱炎は細菌の感染によって発症する病気です。腎盂腎炎などと同じく大腸菌の感染が一番多く、構造上女性がかかりやすい病気です。男性の場合は尿道が女性の5〜6倍の長さがある上、尿道口と肛門が遠いので発症する例はそう多くはありません。

sponsored link




よく「おしっこを我慢しすぎると膀胱炎になる」と言われていますが、これは本当です。おしっこを我慢しすぎると膀胱内で尿が長時間溜まることになり、細菌が繁殖して炎症をおこす引き金になるからです。女性の場合は、男性よりもトイレに時間と手間がかかり、トイレを我慢する機会が多いこともまた原因となっています。

膀胱炎の症状として、主に「頻尿」・「残尿感」・「排尿時の痛み」・「膿尿」・「血尿」などが見られます。頻尿や残尿感は発症初期からよく見られ、痛みや尿の変化は時間が経ってからになります。
頻尿や残尿感は膀胱の炎症による刺激が、尿意としての信号と脳が勘違いするために起こる現象で、実際は尿が溜まっているわけでもなく残っているわけでもない状態です。排尿時に感じる痛みも炎症の刺激によるものです。

膀胱炎の痛みは、おしっこの出始めではなく終わりかけや終わったあとで痛くなるのが特徴です。炎症を起こしていると膀胱の内側が敏感になり、膀胱に溜まっていた尿がなくなることで刺激を受けて痺れるような痛みを感じます。

悪化するまで無症状である場合も多く、放置されがちです。膀胱炎が悪化すると上記の症状がひどくなる上、細菌が尿管や腎臓にも侵入し炎症が広がって、尿管炎や腎盂腎炎といった病気を併発する可能性が高まります。腎盂腎炎が悪化すると、最終的に腎不全になり人工透析を余儀なくされることもあるので、軽い症状といっても油断は出来ない危険な病気です。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 腸閉塞・腸捻転

⇒ 尿路結石

⇒ 腹膜炎

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 前立腺炎

⇒ 痛み方と症状による分類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。