下腹部全体の痛み

腹膜炎

ここでは下腹部全体に痛みがある場合に考えられる病気、腹膜炎について詳しく説明していきます。

腹膜炎とは腹腔と腹部にある多数の臓器を覆っている腹膜に炎症が起きている状態のことを言います。腹膜炎には急性のものと慢性のもの、また場所が一部に留まっている限局性のものと全体に渡って起こる汎発性のものに分けられます。

sponsored link




【急性腹膜炎と慢性腹膜炎の原因】

急性腹膜炎の原因は、そのほとんどが細菌感染によるものです。代表的なものが虫垂炎の穿孔です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の穿孔、胃がんの穿孔、胆嚢炎の穿孔も比較的多く見られます。子供の肺炎などに続いて起こる肺炎球菌性腹膜炎のほか、子宮内膜炎によって起こる骨盤腹膜炎などもあります。

慢性腹膜炎の原因は、結核や腹腔内のがんなど、病気に伴って長期的に発症する腹膜炎です。がんの場合は腹膜にがんが転移してしまいます。

【腹膜炎の症状と治療】

腹膜炎の症状は激しい腹痛です。また原因となっている病気の諸症状も併発して起こっていることが多く、嘔吐や冷や汗、細菌による敗血症からくるショック状態なども起こることがあり非常に危険な状態と言えます。

腹膜炎の治療は、まず腹膜が炎症を起こしている原因の特定の為に、X線検査や内視鏡検査、血液検査などを行います。発熱が強い場合には入院して絶対安静にし点滴などで栄養補給をします。炎症の原因となっている細菌に対して強い抗菌剤を使用します。軽症であれば対症療法のみでも自然に治癒することがありますが、ほとんどが原因疾患の治療も並行して行う必要があります。腹腔内に膿が溜まっている場合には、腹腔ドレナージが行われます。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 腸閉塞・腸捻転

⇒ 膀胱炎

⇒ 腸炎

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 子宮付属器炎

⇒ 痛み方と症状による分類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。