左下腹部の痛み

潰瘍性大腸炎

ここでは左の下腹部痛が起こった場合に考えられる病気、潰瘍性大腸炎について詳しく説明していきます。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の表面の粘膜に炎症が起こり、粘膜がただれてびらんや潰瘍を形成してしまった状態の事を言います。以前は日本人に少なく欧米人に多い症例と思われていましたが、食生活の欧米化が進んだことで現在では日本でもよく見られます。

sponsored link




また、30代の若年層に最も多く発症しますが、20〜50代まで広く発症しており、性別による差はなく、男女ともにほぼ同じ割合です。罹患者数は2013年で15万人ほど、毎年およそ1万人程度が新たに発症していて年々増加傾向にあります。

潰瘍性大腸炎が起こる原因は未だはっきりと解明されてはいませんが、最も有力と見られているのが自己免疫異常によるものです。何かしらの原因によって免疫異常が発生し、自身で大腸粘膜を攻撃し炎症を起こしてしまうものです。他にも食生活の変化や腸内細菌叢の変化、遺伝なども関係していると考えられています。

【潰瘍性大腸炎の症状と治療】

潰瘍性大腸炎の症状は下痢や腹痛、血便、粘血便などが代表的です。症状が重くなると発熱、吐き気、嘔吐、頻脈、貧血、体重減少なども見られるようになります。

治療によって改善しても数カ月から数年後に再び悪化し、それを繰り返す再燃緩解型や、症状が長期間に渡ってだらだらと続く慢性持続型などのタイプに分類されます。また長期に渡って潰瘍性大腸炎が持続することで、大腸がんを発症するリスクも高まるので注意が必要です。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 腸炎

⇒ 食中毒

⇒ 過敏性腸症候群

⇒ 大腸憩室症

⇒ 大腸がん

⇒ 原因と病気について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。