左下腹部の痛み

大腸憩室症

ここでは左の下腹部痛が起こった場合に考えられる病気、大腸憩室症について詳しく説明していきます。

大腸憩室症と聞いてもなかなかどんな病気かは分からない人が多いでしょう。
この病気は、大腸内の憩室という粘膜が外側に袋状に膨らんだものが多数出来る病気で、これにより付近の血管が刺激され出血します。
原因は大腸内圧が高まる事で起こります。加齢による腸管壁の脆弱化も原因として挙げられます。

sponsored link




大腸憩室症の大半が無症状ですが、腹痛や血便を伴うことがあります。日本では昔は右側結腸での発症が多かったのですが、近年食生活の欧米化が進み、欧米で多い左側のS状結腸での発生が増えてきました。野菜や果物に多く含まれる食物繊維は腸の負担を軽減して腸を綺麗にする働きがありますが、肉食化が進んだことで野菜や果物を摂る機会が減ったことが要因と考えられます。

大腸憩室症は無症状であれば、特に治療する必要なく自然回復を待ちますが、腹痛や血便を伴うのであればまず薬物療法で経過を見ます。炎症が酷いようであれば、絶食し輸液と抗生剤の投与を行います。出血がひどいようであれば止血手術も行います。腹膜炎腸閉塞を併発している場合は外科手術が必要となってきます。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 腸炎

⇒ 食中毒

⇒ 潰瘍性大腸炎

⇒ 過敏性腸症候群

⇒ 大腸がん

⇒ 原因と病気について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。