下腹部痛全体の痛み

腸閉塞と腸捻転

ここでは下腹部全体に痛みがある場合に考えられる病気、腸閉塞・腸捻転について詳しく説明していきます。

下腹部全体に痛みを感じる場合には、腸閉塞や腸捻転といった腸の病気の可能性もあります。特にこれら2つの病気は最悪の場合命を落とすこともある危険な病気なので、一刻も早く適切な処置を施す必要があります。腸閉塞や腸捻転とはどのような病気なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

sponsored link



【腸閉塞】

腸閉塞とは文字通り腸が閉塞してしまった状態で、腸内が狭くなったり詰まってしまい、腸内で消化物が滞ってしまう病気の事です。別名「イレウス」とも呼ばれています。
腸閉塞の原因は生まれ付きの先天的である場合や腸の癒着によるものです。また脱腸が引き金となって腸閉塞を起こしてしまうこともあります。腸の癒着は、それ以前に受けた開腹手術によって起こることもあり、盲腸の手術や大腸がんの手術などの後に起こることがあります。
腸閉塞の症状は、腹痛や背中の痛み、お腹の張り、吐き気や嘔吐などが挙げられます。症状は突然現れることが多く、腹痛は突然現れ次第に和らぎ、また急激に痛みだすという疝痛発作と呼ばれる痛み方が特徴的です。症状が酷い場合は、血流障害を起こす絞扼性腸閉塞と呼び、この場合は命の危険も伴う一刻を争う事態となります。

【腸捻転】

腸捻転は腸閉塞の一種で、何らかの原因によって腸が捻じれてしまっている状態です。腸が捻じれると腸を通過する消化物が腸内で滞ってしまう恐れがあります。

腸捻転は生まれ付きの先天的なものや腸の癒着が原因となります。原因も腸閉塞と大きく変わることはありません。また症状としては腹痛もしくは背中の痛みが挙げられます。
痛みが急激に強くなった場合は、一刻も争う非常に危険な状態とも言えます。腸内で詰まることによってガスが溜まって腸が壊死してしまうのです。本来であれば腸内に溜まったガスというのは、排便時もしくは俗に言う「おなら」で体外へ排出される仕組みになっています。しかし、腸が捻じれてしまうことでガスや便の排出が困難となり、腸を壊死させてしまうのです。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 尿路結石

⇒ 膀胱炎

⇒ 腹膜炎

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 大腸がん

⇒ 原因と病気について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。