男性の下腹部痛

前立腺肥大症

ここでは男性特有の下腹部の痛みの原因となる病気、前立腺肥大症について詳しく説明していきます。

前立腺肥大症とは、その名の通り前立腺が大きく肥大する病気です。当然ですが前立腺は男性生殖器なので男性にしか発症しません。50歳以上の中高年の方に多く、年齢が高くなると共に肥大症状も大きくなる傾向にあります。一方で若い方にはほとんど見られない病気でもあります。

sponsored link




【前立腺肥大症の原因と症状】

前立腺肥大症の原因は、今の所はっきりと分かっていません。ただし、男性ホルモンの働きが大きく関係している事は分かっていて、女性で言う更年期を迎える中高年の時期にホルモンバランスが崩れることが引き金となっていると考えられています。

前立腺は膀胱の下、尿道括約筋の奥に位置しているので、肥大すると尿道が圧迫されてしまいます。症状としては主に以下の排尿障害がありますが、尿が溜まると次第に下腹部に強い痛みを伴います。

排尿症状

・排尿時の尿の勢いがなくなる
・尿を出し始めるのに時間がかかる
・尿を出したくてもなかなか出せない
・尿が細くなったり分かれて出たりする
・排尿途中で途切れる

蓄尿症状

・頻繁におしっこをしたくなる(頻尿)
・急な尿意に襲われる(尿意切迫感)
・その結果もらしてしまう(切迫性失禁)

排尿後症状

・排尿後すっきりしない
・残尿感がある
・排尿後に少量の尿漏れがある(排尿後尿滴下)

【前立腺肥大症の治療】

前立腺肥大症はよく前立腺がんとよく混同されますが、治療の為にもしっかりと検査を行って区別することが重要です。検査方法としては、問診、尿流量測定、直腸診、超音波検査、血液検査(腫瘍マーカーの測定)などを行います。腫瘍マーカー(PSA)の値が高ければ前立腺がんの疑いが高まります。

前立腺肥大症の治療としては、薬物療法と手術があります。薬物療法では、尿道の圧迫を緩めるα1ブロッカーという薬や前立腺を縮小させる抗アンドロゲン薬を使用します。また、漢方薬を用いることもあります。ただし、α1ブロッカーは降圧剤として高血圧の治療にも使われることがあるので、高血圧の治療中の方には使用しない場合もあります。
手術は内視鏡を用いて尿道から前立腺を切除する「経尿道的前立腺切除術」や、同じく内視鏡下で前立腺を焼いて凝固壊死または蒸散させる「レーザー照射術」があります。何らかの理由で手術が施せない方に対しては、尿道を確保する為に管を通す「尿道ステント」を施すこともあります。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 前立腺炎

⇒ 前立腺がん

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 膀胱炎

⇒ 原因と病気について

⇒ 痛み方と症状による分類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。