男性の下腹部痛

前立腺炎

ここでは男性特有の下腹部の痛みの原因となる病気、前立腺炎について詳しく説明していきます。

前立腺炎とは前立腺に炎症が起こっている状態の事を言います。
前立腺は男性生殖器の1つで、膀胱の出口にあり、その中を尿道が通っていて、生成した精子に栄養を与える役割を持つ、前立腺液を分泌しています。この前立腺に主に細菌感染が原因で炎症が起こると、前立腺炎となります。

sponsored link




20〜50代に広く発症しますが、前立腺の他の代表的な病気である前立腺肥大症前立腺がんよりも、比較的若い年齢層に見られる傾向にあります。

前立腺炎の症状は、頻尿や残尿感、排尿痛などの排尿障害が代表的です。急性の場合は高熱が出たり下腹部に刺すような痛みを感じることもあります。慢性の場合は下腹部に鈍い痛みを感じることもあります。

前立腺炎の治療としては、通常は入院の必要はなく、通院治療で十分対応できます。検出された細菌に有効な抗生剤を使って治療します。高熱がある間は原則安静にし、輸液なども行うことあります。

sponsored link




このページをご覧の方は、次のページもよく読まれるのでお勧めです。

⇒ 前立腺肥大症

⇒ 前立腺がん

⇒ 虫垂炎(盲腸)

⇒ 尿路結石

⇒ 原因と病気について

⇒ 痛み方と症状による分類



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
kahukubu2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。